スキンケア
2018.06.28

乾燥肌対策の保湿ケアは、くすみ改善にも効果的!

乾燥肌の原因は、加齢や紫外線などさまざまなものがあります。外的要因のほかにも間違ったスキンケアが原因で乾燥肌を引き起こしている場合もあります。乾燥肌の原因や対策、正しいスキンケアについて専門家が解説します。

目元に乳液をつけて乾燥肌対策を行っている女性

肌がカサカサに乾燥すると、ニキビやくすみ、小ジワなど、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。頬や目元や口周りなど、部分的に乾燥が気になる場合も注意が必要です。乾燥肌になってしまう原因や、予防法について解説します。

乾燥肌の原因

毎朝しっかりとスキンケアをしているのに、お昼休みには肌が乾燥してメイクが崩れていることはありませんか?肌の乾燥の原因は一つではありません。心当たりのある原因を探ってみましょう。

加齢

年齢を重ねると肌の水分量は次第に減少します。肌のうるおいを保つ角層内のセラミドや、天然保湿因子(NMF)の産生量が減少。その結果として乾燥したり肌のハリが低下したりします。また加齢に伴い、女性ホルモンの分泌量が減少することで、皮脂の分泌がうまく行われず、肌が乾燥してしまうのです。同年齢でも男性より女性の方が乾燥しやすいのは、女性の方が皮脂分泌量が少ないためです。

紫外線

紫外線は肌にダメージを与えてバリア機能を低下させるため、乾燥肌の原因になります。特に長時間紫外線を浴びると肌に大きな負担がかかり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れて角層が厚くなってしまうこともあります。

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアは、肌にダメージを与えて乾燥を引き起こします。下記のようなケアをしていないか、普段の自分のスキンケアを見直してみましょう。

長い時間をかけてゴシゴシとクレンジング・洗顔している
メイクが落ちにくいからといって、長時間クレンジングしたりこすったりすると、肌に負担をかけます。リキッドファンデなどを使っていてメイクが落ちにくい場合は、サッとメイクを落とせるオイルクレンジングを使うとよいでしょう。
化粧水を使うとき、適量よりも少なめの量で済ませている
角層のすみずみまで浸透せず、保湿不足を招いてしまいます。
長時間パックをのせている
長くのせているほど成分が浸透するように思えますが、パックの水分蒸発とともに、肌の水分も一緒に奪われてしまいます。規定の時間を守りましょう。
朝や暑いとき、べたつくのが嫌で乳液やクリームをつけていない
化粧水だけでスキンケアを終わらせると、すぐに水分が蒸発して乾燥しやすくなります。必ず乳液やクリームで油分を補いましょう。

生活習慣

スキンケアだけではなく、生活習慣も肌の健康に影響を及ぼします。ダイエットやストレスで偏った食生活を続けると、健康な肌を保つために必要な栄養素が不足し、肌の乾燥を引き起こします。美肌を保つためには、糖質・脂質に偏らず、ビタミン類やタンパク質などの栄養素が不足しないようにバランスよく摂取しましょう。

また、睡眠不足は肌のターンオーバーを乱すほか、喫煙習慣はビタミン不足や血行不良を招きます。

エアコンなどの外的要因

冬は湿度の低下で肌が乾燥するように、冷暖房エアコンでも湿度が低下し、肌の乾燥を招いてしまいます。またエアコンによる急激な温度変化は、自律神経のバランスを乱し、肌にストレスを与えることも…。エアコンをつけている室内では、加湿器を使って湿度60%前後を保つようにし、30%を下回らないようにしましょう。

またその他の外的要因として、空気中の汚れがあげられます。花粉などのアレルギー物質が肌を刺激するとバリア機能が低下し、肌がチクチクしたり乾燥を引き起こしたりする場合もあります。肌が敏感になったと感じるときは、スキンケア用品を見直しをして、低刺激な化粧品で保湿を行いましょう。

なぜ保湿が重要なのか

保湿をすることで、肌のバリア機能やターンオーバーの周期を正常に保つことができ、その結果として乾燥肌を防ぐことができます。では、保湿を怠ってしまうとどのような肌トラブルが起きるのでしょうか。

乾燥によって起こる肌トラブル | くすみにつながる!?

肌が乾燥しているとき「なんだか顔色が悪いな」「疲れて見えるな」と感じた経験はありませんか?実は、乾燥はくすみの大きな原因のひとつです。乾燥して外部刺激から肌を守るバリア機能が低下すると、それを補うために角層が分厚くなって肌が灰色がかって見えるのです。

その他にも、乾燥は以下のようなトラブルにつながります。乾燥は、さまざまな肌不調の産みの親なのです。

  • 角層が水分不足になってうろこ状にめくれ上がり、粉を吹いたようにカサカサになってしまう
  • バリア機能の低下によって、外的要因に敏感に反応してしまい、かゆみ、蕁麻疹、発赤といった症状が出やすくなってしまう
  • ターンオーバーの乱れが原因で、角質肥厚になり肌がくすむ
  • 角層の水分と皮脂のバランスが崩れ、水分不足を補うために、皮脂が過剰分泌されニキビができてしまう
  • 乾燥によって小じわやちりめんじわといった浅いシワが定着。ハリが失われ、肌のキメが乱れて毛穴が目立ってくる

保湿にはスキンケアが効果的

乾燥は、肌内部の水分をキープしてくれる保湿成分を補うことによって改善できます。気になり始めたときこそ、保湿ケアを強化するタイミング。セルフケアで改善できるポイントがないか見直してみましょう。

乾燥肌を防ぐ保湿ケア方法

正しい保湿ケアをおさえて、透明感のあるうるおった肌を目指しましょう。

クレンジングのポイント

クレンジングは、メイクに合わせ洗浄力の強さを選び、肌に負担がかからないものを選びましょう。天然由来成分の植物系のオイルは肌にやさしく、保湿効果が高めです。また、ダブル洗顔が不要なクレンジングは、洗顔の回数が減るため、肌のうるおいを守りたい人にはおすすめです。

  1. クレンジングをなじませるのは30秒~1分程にとどめる
  2. ゴシゴシせずに、中指と薬指を使って優しくなじませる
  3. すすぎ残しがないように、32~34度のぬるま湯ですすぐ

※ウォータープルーフのマスカラ、落ちにくいアイメイクや口紅は、あらかじめリムーバーで落としておくと肌の負担が軽減できます。

洗顔のポイント

洗浄力が強すぎるものは、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。なるべく肌に負担の少ない成分で、毛穴の汚れや古い角質を落とせる洗顔料を選ぶことが重要です。洗顔料を選んだら、次のポイントに気をつけて洗顔しましょう。

  1. たっぷり泡を立て、ゴシゴシとこすらない
  2. 皮脂が多い部分(Tゾーン)から始め、顔全体に泡を伸ばしやさしく洗う
  3. 目元や口元は皮膚が薄いため、刺激を与えず泡を乗せる程度で洗う
  4. 32~34度のぬるま湯で最低20回以上すすぐ

化粧水のポイント

入浴後や洗顔後は、急激に肌が乾燥する過乾燥が起きやすい状態です。次のポイントをおさえながら、約3分以内には必ずスキンケアを開始しましょう。

  1. 手のひらに適量の化粧水をとる
  2. 乾燥しやすい部分から手のひら全体を使って、ゆっくり押し当てるようになじませる
  3. 乾燥が気になる部分には重ねてなじませる

肌が柔らかくなり、ひんやりしたら化粧水がなじんだサインです。

乳液・保湿クリームのポイント

乳液や保湿クリームでのスキンケアは次のポイントに気をつけて行いましょう。

  1. 乳液や保湿クリームは、皮脂分泌の多いTゾーンは塗りすぎないようにし、乾燥しやすい目元や口元にはきちんとつける
  2. 乳液や保湿クリームの量は、季節に合わせて使用する量を調整する
  3. 手のひらに適量の乳液をとり、両手のひらを重ね合わせて少し温める
  4. 化粧水の水分が蒸発する前に肌にのせ、顔の中央から外側に向けてムラなくなじませる

まとめ

肌が乾燥してしまう原因はさまざまですが、肌を保湿することで解消できます。日頃から正しいスキンケアを行い、生活習慣を見つめ直して、乾燥肌の対策を行いましょう。

今すぐ読みたい

「スキンケア」の関連情報