スキンケア
2018.06.28

くすみ肌を洗顔で改善!美肌効果のあるおすすめ洗顔方法

くすみ肌になる原因や、透明感を保つためにおすすめな洗顔方法をご紹介します。くすみ肌を改善するポイントは、原因を特定してそれに合った洗顔料を選び、正しい洗顔方法を身につけることです。

両頬に手を当てて洗顔をしている女性

「あれ!?顔がくすんでいる!」鏡を見ていて、そんな風に感じるときはありませんか。特別な美容アイテムに頼ることなく、日々のスキンケアで美肌にすることができたらいいですよね。そんなときは洗顔を見直して、明るいトーンの美肌を取り戻しましょう。

ここでは、肌がくすんでしまう原因と洗顔料の選び方、おすすめの洗顔方法について解説します。

くすみ肌になる原因

くすみ肌になる原因はいくつかあります。まずは原因を特定し、自分のくすみはどれにあてはまるのかを考えてみましょう。

角質肥厚

肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが遅れがちになると、古い角質が剥がれ落ちずに角質が分厚くなります。角質細胞は少し灰色がかっているため、厚くなると肌がくすんで見えるのです。ターンオーバーは、加齢や不規則な生活習慣によって遅れやすくなります。

乾燥

肌が乾燥すると、表面のキメが乱れて透明感が失われます。また、乾燥は角層に備わるバリア機能を低下させます。バリア機能とは、外部刺激から肌を守って肌内部のうるおいを保つ力のこと。バリア機能が低下すると、それを補うために角質が厚くなり(角質肥厚)、くすみにつながります。

メラニンの増加

メラニンとは、表皮の基底細胞にあるメラノサイトで作り出される色素のことで、紫外線などの刺激から肌の細胞を守る役割を担っています。肌トラブルを防ぐためになくてはならないメラニンですが、強い紫外線や炎症などによって過剰に生成されることがあります。すると、肌が茶色くくすんで見えてしまうのです。

血行不良

冷えや睡眠不足などによる血行不良も、くすみの原因に。皮膚の血管に流れる血流量が減り、血色が悪くなります。また、くすみだけではなく青黒いクマができることもあります。

糖化

体内に余った糖質とタンパク質が結び付くと、タンパク質が変性してAGEs(糖化最終生成物)という物質になる糖化が起こります。真皮のコラーゲンや角質のケラチンは元々透明なのですが、糖化することにより茶色や黄色っぽくなります。糖質のとりすぎには気をつけ、適度な運動で糖質を消費するように心がけましょう。

肌ステイン

肌ステインとは、角層にあるタンパク質が活性酸素と結びついて酸化したもののこと。角層内の細胞にこびりついて、肌をくすませる原因になります。歯のステインのように、放置すると蓄積していきます。

透明感を保つための洗顔料の選び方

くすみの原因がわかったら、原因別にスキンケアの方法を見ていきましょう。洗顔料は、フォームタイプやジェルタイプなど多くの種類がありますが、肌の状態に合わせて適切なものを選択する必要があります。ここでは、角質肥厚と乾燥、メラニン、肌ステインによるくすみにおすすめの洗顔料の選び方を紹介します。

角質が原因のくすみに向いている洗顔料

蓄積した古い角質には、角質を取り除く効果があるクレイ(泥)や、角質をやわらげる酵素が入った洗顔料がおすすめです。また、ピーリング効果でターンオーバーを促してくれるAHAを含む洗顔料を取り入れるのもよいでしょう。

乾燥が原因のくすみに向いている洗顔料

洗浄力が強い洗顔料は肌を乾燥させやすいため、敏感肌向けの刺激が少ない洗顔料を選びましょう。肌への摩擦を減らすために泡立ちの良さや泡のクッション性も大切です。必ず泡立てて洗顔してください。保湿成分が配合されている洗顔料だとなお良いでしょう。

メラニンが原因のくすみに向いている洗顔料

メラニンの蓄積が原因のくすみには、メラニンの生成を防ぐ美白成分が配合されている洗顔料を選びましょう。一般的に市販されている洗顔料のなかにも、美白効果が期待できるものが多くあります。

肌ステインが原因のくすみに向いている洗顔料

肌ステインは、古い角質と一緒に落としてためこまないようにすることが大切。スクラブが入った洗顔料や、角質をやわらげて取り除きやすくするパパイヤエキスが入った洗顔料を選びましょう。

くすみ肌から美白肌になるためのおすすめ洗顔方法

くすみを改善するためには、前述したおすすめの洗顔料を使いながら、下記の3つのポイントをおさえて洗顔しましょう。

ポイント1:洗顔前のクレンジングにこだわる

メイク汚れが残っていると、酸化して肌ステインができやすくなります。自分のメイクの濃さに合っていないクレンジングを使っていたり、適当にクレンジングを済ませていると、日々のメイク汚れを積み重ねているかもしれません。

また、肌ステインをゆるめて剥がしやすくするロックローズオイルなどが含まれたクレンジングもあります。自分にあったクレンジングを使い、洗顔前にしっかりとメイクを落とすようにしましょう。

ポイント2:洗いすぎは禁物

「くすみを取りたい」という思いが強いと、ついつい何度も洗顔したり、肌をゴシゴシこすってしまう方がいます。しかし、洗顔のしすぎは肌の乾燥を招き、ゴシゴシとこすると摩擦で角層がダメージを受けてしまいます。

洗顔は朝晩2回行い、たっぷりの泡でやさしく行うようにしましょう。洗顔料を泡立てるのが苦手…という方は、市販の泡立てネットを使うのがおすすめです。

ポイント3:洗顔後は保湿を徹底

洗顔の後は、肌が急激に乾燥しやすい状態。すぐに化粧水・乳液で保湿ケアを行いましょう。たっぷりの化粧水でコットンパックを行うのもおすすめです。徹底した保湿ケアは正常なターンオーバーの土台を整え、乾燥くすみも防ぎます。

まとめ

くすみとなる原因や適切な洗顔料の選び方、おすすめの洗顔方法を紹介しました。くすみができる原因はいくつかあるので、日々の生活を振り返って、何が原因か特定すると良いでしょう。もしかすると複数の原因が関わっているかもしれません。毎日のスキンケアを大切にして透明感のある白い肌を目指しましょう。

今すぐ読みたい

「スキンケア」の関連情報