スキンケア
2018.06.28

正しいクレンジング方法で美肌に!メイク残しはくすみ顔の原因

ちゃんとスキンケアをしているのに、「肌に透明感がない」「肌トラブルをくり返している」という方はいませんか?もしかしたら、クレンジング方法に問題があるのかもしれません。肌の美しさを左右する、正しいクレンジング方法について詳しくご紹介します。

洗顔している女性

クレンジングは、スキンケアの大事なファーストステップ。「疲れているから」とメイクを落とさずに寝てしまったり、手早く終えようと雑におこなったりすると、肌トラブルを引き起こすことがあります。改めてクレンジングの大切さを知り、正しいクレンジング方法で美しい透明感ある肌を目指しましょう。

正しいクレンジングの重要性とは

クレンジングは油性のメイク汚れを落とすためのものです。石けんや洗顔フォームなどは、古い角質や皮脂などを落とすためのもので、メイク汚れは落とせません。メイクが肌に残っていると、次のような肌トラブルを引き起こします。

角栓・ニキビ

メイク汚れが毛穴を塞ぎ、角栓ができやすくなります。すると、つまった毛穴の中でニキビの菌が増殖し、炎症をおこしニキビに進展していくこともあります。メイクをし始めて、それまでなかったニキビに悩まされるようになった場合は、クレンジングに問題がある可能性もあります。

角質肥厚・乾燥

肌にメイク汚れが残っていると、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)の妨げになります。新しい細胞をつくるスピードが遅くなり、余分な角質(アカ)が蓄積して角質肥厚に。肌がゴワついたり、くすんでみえたりします。うるおいがつくられにくくなるため、乾燥の原因にもなります。

くすみ

肌に残ったメイクの油分や皮脂は酸化して過酸化脂質となり、肌に影響を与えます。メラニン色素を増やしたり、皮膚のタンパク質を変性させ、肌をくすませる原因になります。酸化によって変性したタンパク質は、一度定着すると歯のステイン同様に落ちにくくなることから、「肌ステイン」と呼ばれることも。

肌の悩みは間違ったクレンジングのせい?

一般的なクレンジングは、油性の汚れを水で洗い流すために、界面活性剤が含まれています。界面活性剤には洗浄効果があるため、時間をかけすぎたり、強くこすったりすると、肌にダメージを与えることも。水分や保湿物質などが失われ、乾燥しやすくなります。

特に30代以降は肌の水分量が減少し、ただでさえ乾燥しやすい状態。ただメイクを落とすのではなく、肌をいたわることを意識したクレンジングが必要です。

メイクを残さず、美肌へ導くクレンジング方法

クレンジングは過剰でも不足があってもよくありません。ちょうどいいバランスが難しいところですが、適切なクレンジング選びと正しい方法で、肌トラブルを防ぐことができます。

クレンジングの種類

ひと口にクレンジングといってもさまざまな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。クレンジング剤を選ぶときは、メイクとの相性を考慮して選びましょう。

オイルクレンジングのメリット&デメリット
その名の通りオイルが主体です。落ちにくいメイクにもすばやくなじんで、しっかり落としきることができます。水で洗い流しできるものは界面活性剤を多く含むので、こすりすぎと時間のかけすぎには要注意。保湿成分が配合されたものを選ぶのがおすすめです。界面活性剤が少なめのものはベタつきが残ることがあり、W洗顔が必要になります。このW洗顔によって肌が乾燥することもあるため注意しましょう。
クリームクレンジングのメリット&デメリット
適度な油分を含み、比較的どんなメイクとも相性がよいと言われています。洗い流せるタイプとふきとるタイプがありますが、どちらもベタつきが残りがち。W洗顔が必要なものが多いでしょう。
ローションタイプのメリット&デメリット
油分をほとんど含まず、界面活性剤の力で落とします。コットンに含ませて拭き取るので、疲れているときはとても便利。しかし、拭き取るときの摩擦、質の悪いコットンの刺激で、肌にダメージを与えることがあります。繊維の細かい上質なコットンを使い、肌をこすらないようにやさしく落としましょう。
ジェル&ミルクタイプのメリット&デメリット
肌にやさしい使い心地ですが、水分を多く含むので、洗浄力は控えめです。メイク汚れとなじむまでに時間がかかり、肌を摩擦してしまう可能性があるため、落ちにくいメイクには不向き。ナチュラルメイクの方におすすめです。

正しいメイクの落とし方

自分に合ったクレンジングの種類はわかりましたか?次は肌をいたわるクレンジング方法をマスターしましょう。「すばやく・やさしく」行うことが基本です。すすぎも含めて、約1分くらいを目安にするといいでしょう。以下のポイントに注意して行います。

  • アイメイクやリップメイクなどの落ちにくいポイントメイクは、専用リムーバーで落としておく
  • クレンジング剤はケチらず、表示されている適量を守る
  • クレンジングをなじませ始めるのは、油分が多く比較的皮膚の強いTゾーンから
  • 落とし残しやすい小鼻と唇の下は、きつね指(中指と薬指)で丁寧に
  • Tゾーンの次に、あごから頬にかけてのUゾーンになじませる
  • 皮膚のうすい目元は特にやさしくなじませる
  • ぬるま湯で丁寧に洗い流す。オイルクレンジングの場合は、少量の水でしっかり乳化させてから洗い流す

クレンジングには肌をリセットし、その後のスキンケアの浸透を高める働きもあります。美しい素肌をのぞむなら、面倒くさがらずに丁寧に行うことが大切です。

洗顔から保湿まで正しいスキンケア方法

メイクを落としたら、必要に応じてW洗顔を行います。クレンジング・洗顔後は、皮脂が取り除かれ無防備な状態。その後何もしなければ肌はどんどん乾燥していきます。なるべく早く保湿ケアにうつることが大切です。

洗顔の正しい方法

洗顔料はしっかり泡立て、肌の上で泡を転がすようにしてやさしく洗いましょう。力を入れてゴシゴシと肌をこするような洗い方はNG。以下の手順で行います。

  1. 少しずつ水を含ませながら、洗顔料をよく泡立てる
  2. クレンジング同様、TゾーンからUゾーンの順に洗う。泡をくるくると転がすイメージで、肌をこすらない
  3. ぬるま湯で丁寧にすすぐ。髪の生え際、フェイスラインのすすぎ残しに注意
  4. 柔らかいタオルで水分を吸い取る。ふき取るのではなく押し当てる

基礎化粧品を正しい順番で使うことが保湿への近道

クレンジング、またはW洗顔後は、1分1秒でも早く保湿ケアを行いましょう。まずは化粧水で水分を与え、肌のキメを整えます。このとき、バシバシと叩くようにつけるのは厳禁。赤ら顔の原因になります。

化粧水の次は、乳液で保湿成分と油分を補います。保湿成分によって水分をたくわえ、油分で肌表面を保護することが目的。化粧水だけでケアを終わらせては、すぐに水分が蒸発してしまいます。

まとめ

メイク汚れの洗い残しはニキビや角栓などの肌トラブルを引き起こすだけでなく、くすみの原因にもなります。必要以上に肌をこすらない、丁寧で正しいクレンジング方法を身につけて、美肌を手に入れましょう。

今すぐ読みたい

「スキンケア」の関連情報